HOME > 住宅新築施工例 > 加納の家

加納の家

長尾 英樹

基本的に機能的に優れていること、プライベートを楽しむことが今回の住宅のテーマでした。
外観としては、より削ぎ落とされたシャープな軽快感と、しっかり大地に根を生やしたどっしりした感じを出しました。
立地が人通り、交通量も意外に多いので、内部はプライベートをたっぷり味わえるように、内に向けたコンクリートの擁壁に映える緑を基点にどこにいてもくつろげる空間をメインに構成しました。これにより、内側からの外を望む開放型一体感があり、又、風を感じられる心地よい空間をつくりました。
構造上は主体が木造であり、1F駐車場と、2F風呂周りのみを、防水性能を考え一部RCにしました。又外周りは擁壁をRC打ち放しで覆い、一見、全体的に落ち着きのあるRC建物を演出しました。木造であるが故、内部は白い壁が使われているが、以外にキンキンした感じはなく、やさしい感じが漂う。
この住宅に住んでいただく施主様への想いは、何時までも自分たちの精神的な内面を見つめ、ここで生活することによって、自分が自分で居られという感じが味わえる毎日であってほしいです。会社の経営者であるお施主様が、ここで英知を蓄える場として、又、いつまでも夫婦円満で家族が心身ともに健康であられることを心より願っております。

設計

長尾 英樹

所在地 岐阜県岐阜市
敷地面積 288.28 m²
延床面積 193.5 m²

ラグジュアリー